お野菜マルシェ☆座談会でした

  • 2013.09.04 Wednesday
  • 13:08
昨日のお野菜マルシェでは、
いつもの奈良、福岡のお野菜の他に、
宮崎のアースウォーカーズさんから
沢山の支援野菜が届きました!

本当にありがとうございました。


午後からは、
振津先生との座談会が行われました。

積算線量のこと、放射線量のこと
お子さんの心配ごとなど、
色々とお話を聞いていただきました。

お忙しい中、いつもお時間を頂戴し
本当に感謝しております。

ありがとうございました。
コメント
9月21日避難母子の会in関東で野口さんとかん澤さんのトークを聞かせていただきました。私寡聞にして3a!郡山の活動を全く知りませんでした。3・11後、高濃度放射線量の中、家族で、母子で避難する中転勤族の野口さんは留まった。政府は20ミリSV/年以下を避難指定しなかった。国の県の市の保身でしょうか、住民の健康を守らなかった。子どもを守りたい一心で自主避難する人達に金銭的、精神的負担を負わせ、その上、わが子の友達である子たちを見捨てたような後ろめたさを負っている、酷いのは国なのに。6年生のお嬢さんの学校が好きで友達と離れたくないという願いを無視できなかった、小学校はそれなりに放射線防護の対策をとってくれた、しかし、中学校は行政の出先に成り下がって、被曝に無頓着でグラウンドで部活を始める、危機感で中学生を持つ親たちが中心になり3a!郡山を立ち上げる、線量測定、申し入れ、交渉、安全な野菜の購入、保養・・・嵐のような日々だったことでしょう。2年半も過ぎて、3a!郡山を設立した当時のメンバ−は一人去り2人去り離れてしまった。血縁、地域のつながりが濃密な郡山では、活動するのがシンドイ、都会に暮らす一人身の身軽な私のような者と違って、大地に根を下ろし、深い地中で根っこが絡まっているようなところでは、さまざまな困難があるのでしょう。でも3a!郡山は新しいメンバーで続いている。野菜マルシェに120人位買いに来る。40人位は毎回くる。ただ9月恒例の自転車で線量測定を呼び掛けても参加の返事をくれた人は1人…安全な野菜はほしいけれど、活動はしたくないのね…とちょっと落ち込むと野口さんはおっしゃっていました。でも、毎回120人も買いに来るってすごいことです。3aの活動は、郡山で暮らす人々にとって、一つの灯であり、希望であり、命綱、地の塩のような活動です。応援します。わずかですが、カンパ送ります。
  • 松岡加代子
  • 2013/09/24 5:09 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM